swm
 前回、Skyrim の道が表示されてない地図に道を表示してくれる MOD を紹介しました。
 【地図に道を表示する MOD「A Quality World Map and Solstheim Map - With Roads」】

 今回は別の地図 MOD を紹介します。

 この MOD は 4K サイズのテクスチャが同梱されています。
 しかも、それは作者が地図全体をスクロールしながらとった約 400 枚のスクリーンショットから構成されているというかなり力のはいった MOD となっているのです。
 もちろん最適化するためにリテクスチャをしっかり行っているので導入した結果重すぎるということもないでしょう(人によるとは思いますが)。

 さらにゲームのスクリーンショットから作成されているということもあり、地図には道が表示されるようになります。
 道の見やすさとしては前回紹介した「A Quality World Map」のほうが上ですが、道にそこまでの見やすさを求めていない人にはこちらの MOD もいいかもしれません。

 Skyrim の元の地図は高解像度ではないし道の表示もされていないので何にせよいずれかの MOD を導入するのがいいと思います。
swm_map_vanilla


 では導入していきます。

 NEXUS のページに飛びましょう。
swm_nexus_des
 この MOD の Description はそれほど長くありませんが、INI の数値などの注意が乗っているのでいつもどおりしっかり読みます。

 今回の MOD は前回の地図 MOD と違い一種類だけなので迷わなくていいですね。
 記載のある通り esp を含まないのでニューゲームからでなくても導入が可能です。

 Mod Manager Download からダウンロードします。
swm_nexus_down
 ダブルクリックしてインストール。
swm_mo2_down
 名前はそのままで。
swm_mo2_name
 esp がないので今回は LOOT での整理は行う必要がありません。
 ですが、今回はせっかくの高解像度の MOD を導入するので、導入を終了する前にぼかしの設定などを作者の推奨の値に設定しましょう。

 まず Mod Organizer の上部のアイコンの中からジグソーパズルのアイコンをクリックし、INI エディターを選択します。
swm_mo2_iniset
 右から二番目ですね。
 選択すると INI の編集画面が開くので Skyrim.ini を編集します。

 この時、元の入力をバックアップをとってもいいですが、各文の先頭に半角の;をつけることでその入力を無効にすることができます。
swm_ini_less
 上の画像は [MapMenu] の項目に全て;がついているため無効になっています。
 各文に;をつけていくのが面倒くさい人はメモ帳にでもバックアップをとっておくといいでしょう。

 全て無効にしたら一番下に作者推奨の値をコピペします。
swm_ini_new
 このとき Skyrim.ini に [MapMenu] がない人は新しく追加してください。

 この推奨値の中には変更をおすすめできない項目もありますが、ズームスピードなどは各自の好みに合わせて調整できるので試してみるのもいいでしょう。

 これで導入は一旦完了です。
 ゲームを起動してみましょう。
swm_map_normal
 一見あまり変わっていないように見えますね。
 ですが、道が元の地図とは違い表示されています。
 スクリーンショットから作成されているからですね。
 また山や平原の質感も元の地図より綺麗になっています。

 一部をズームしてみましょう。
swm_normal_up
 ズームしてみるとその違いがよりわかりますね。
 道の表示は言うまでもありませんが、雪、草、また建物や遺跡さえもかなり高解像度になっているのが確認できます。
 INI の設定を調整してさらに拡大すればより感動することができるでしょう。

 
 さて、ここでお気づきの方もいると思いますが、SMDB や NEXUS に上がっている SS と色合いが違います。
 SS ではもっといろ鮮やかになっていますが、この MOD を導入しただけでは色合いは元の Skyrim の地図とあまり変わりません。
 解像度がよくなっただけです。

 これは前回紹介した MOD の記事の中にも書きましたが esp のせい(もしくはおかげ)ですね。
 「A Quality World Map」に同梱されている esp は地図上の天候などを調整しており、その働きによって色の鮮やかさが反映されていたのです。
 そのため、この MOD でもテクスチャの色をしっかりと反映するためには「A Quality World Map」の esp を有効にする必要があります。

 実は、Description には必須という意味ではこのことは記載されていません。
 あくまで作者の使用している MOD の一覧として「A Quality World Map」の名前があがっているだけです。
 そのため動作上はこの MOD 単体で問題ありませんが、SS と同じ色を出すためには実質「A Quality World Map」は必須 MOD になります。

 esp を有効にするためには「A Quality World Map」を有効にする必要があります。
 この際、ロードオーダーはこの MOD が「A Quality World Map」より優先されるようにしてください。
 でなければ、「A Quality World Map」のテクスチャがこの MOD のテクスチャを上書きしてしまい反映されなくなってしまうからです。

 esp を有効にし、ロードオーダーも問題なく並べると地図はこうなります(雲を排除するアドオンも有効にしています)。
swm_map_onesp
 この MOD 単体を導入したものと比べ色鮮やかになりましたね。
 各地の草木の色がしっかりと反映されています。

 拡大したものも比べてみます。
swm_onesp_up
 こちらもしっかりと色がつきました。
 建物や遺跡と草木の色の違いがはっきりとわかるので非常に見やすくなりましたね。


 SS 通りの色を出すには少し手間がかかりましたが、無事導入は完了しました。
 高解像度の地図を見るのもなかなか楽しいのでぜひ皆さんも導入してみてください。




 おまけ

 上記では esp を有効にするために「A Quality World Map」を有効にしました。
 しかし、これでは「A Quality World Map」の使わないテクスチャやスクリプトも読み込むことになります。

 それほど容量の大きいものと言うわけではないので気にする必要もありませんが、管理する MOD が闇雲に多くなることは避けたほうがいいでしょう。

 そこで、自己責任ではありますが解決する方法があります。

 それは、「A Quality World Map」の esp をこの MOD のフォルダにコピーすることです。
 あくまで esp を使用したいだけなので、esp さえ持ってくれば他のデータは不要ということでもあるからです(あくまでこの MOD を利用する場合に限ります)。

 実際に行うとフォルダはこのようになります。
swm_file_esp
 元からあった textures フォルダと meta.ini に追加して IcePenguinWorldMap.esp が追加されました。
 この場合、Mod Organizer のチェックはこうなります。
swm_esp_infile
 「A Quality World Map」にチェックが入っていませんが、右のプラグインには IcePenguinWorldMap.esp が表示されチェックがが入っていますね。
 これで「A Quality World Map」を有効にしたときと同じ色合いで地図が表示されます。
 管理する MOD の数を減らす方法としてこういうものもあるのでぜひ参考にしてください。

qwm
 Skyrim には各主要都市を始めから表示してくれている地図があります。
 各地に点在する砦や洞窟などは実際にその場所に行かないと表示されない箇所が多いですが、そこは探索のしがいがあるというものでしょう(始めから表示してくれる MOD もあります)。

 しかし、大事なものがありません。
 それは、道の表示です。
skyrim_map_vanilla

 当たり前ですが、Skyrim の各都市は直線の道ではつながっていません。
 また、急な斜面は登れないようになっており、高めの段差をジャンプで飛び越えることができない箇所がたくさんあります。
 そのため、基本的に徒歩での移動は主に道なりに進むことになります。
 平地などは道にそって進む必要はありませんが、結局急斜面などは登れないため少しショートカットしたに過ぎなくなります。

 行ったことがなく馬車の行き先にない場所はまず自力で向かう必要があります(コンソールを使えば別です)。
 そのため、自分で道を見つける必要がありますがこれが意外に難しいです。

 交差点に設置してある立て看板は全ての地名は記載されていません。
 主要都市の名前はあっても、地図には表示されているが看板にはない場所などは多いです。
 また、全ての交差点に看板があるわけではなく看板のない分かれ道がたくさんあるため、どちらの道を行けばいいかわからなくなる箇所がかなりあります。
 長い距離を歩く場合などはこの道があっているのか不安になることでしょう。


 少し前置きが長くなりました。
 この MOD を導入すると、場所しか表示してくれない地図に道を表示することができます。

 NEXUS のページに飛びましょう。

qwm_nexus_des

 Description を読むことを作者が強く推奨しているので、いつも面倒くさくて飛ばしている人も必ず読みましょう。

 この MOD は三種類から地図を選べます。
 私は綺麗なテクスチャが好きなので、今回は VIVID タイプを導入します。
 また、道がはっきりわかるものがいいので、Flat roads タイプにします。
 ただし VIVID タイプではどうやら全ての道は表示されないようなので注意が必要です。

 また、スクリプトを追加しているので、新しいスクリプトを追加したくない方も注意が必要です。
 ただ、このスクリプトはカメラ設定とぼかし設定、またそれらがゲーム読み込み時に自動で設定されるだけのものです。
 自分で INI を編集すれば不要ですので、作者の方も言っていますがよくわからないスクリプトを追加したくない方や自分で INI を編集したい方は削除してしまってかまいません(一応自己責任で行ってください)。

 Mod Manager Download からダウンロードします。

qwm_vivid_flat_down
 ダブルクリックしてインストールします。

qwm_mo2_down
 名前は今回は VIVID の Flat Roads だとわかるように変更します。
qwm_mo2_name
 インストールするとバージョンのところに通知が出ています。

qwm_mo2_version
 これはおそらく、NEXUS のバージョンには数字のみ登録可能なのに対し、この MOD はバージョンにアルファベットを用いて表記しているためです。
 結果、数字表記されている中で最新の Stone Roads のバージョン 9.0.1 がこの MOD の最新バージョンだと判定され、それと相違があるためこのようなことになっているのだと思われます。

 このままでも特に問題はありませんが、邪魔に感じる方もいるかもしれません。
 その場合はバージョン情報を編集します。

 MOD の名称をダブルクリックして Nexus 情報を開きます。

qwm_mo2_nexus_info
 右上のバージョンに表記されている 9.0.1.0VF を 9.0.1 に変更します。
 こうすることで、先程の通知をなくすことができます。
qwm_mo2_version_new
 この作業を行うことによって発生する致命的な不具合はおそらくないと思います。

 あとは、チェックをいれ LOOT で整理をしてメインの導入は完了です。

 この MOD は既存のセーブから起動することが可能なので、ニューゲームをする必要がありません。
 ゲームを起動して確認して見るとこのような感じです。
skyrim_map_vivid
 かなり変わりましたね。
 元の地図ではほぼ同系色だったものが場所ごとによってしっかり色がつきました。
 実際の各土地を歩いているときの木々の色などにあったものになっています。

 これはテクスチャ自体に色がついているのももちろんありますが、同梱の esp によって天候などを調整しているため、より色鮮やかになっているというわけです。
 esp を利用せずテクスチャのみの利用にすると色あせた感じになります。
skyrim_map_vivid_noesp

 また天候の調整により、元の地図よりも雲が薄く少なくなっていますね。
 雲を完全に消すためにはオプションの Add-On - Clear Map Skies を使用するように説明されていますが、ここまではっきり見えるなら導入しなくてもいいかもしれません。
 私は、端の方もはっきり見たいので記事の後半で導入します。

 そしてメインの道の表示ですが、やはり表示されているだけでかなり違いますね。
 私が恥ずかしくも迷ったところにもしっかり道が表示されていて少し楽しいです。
 ただ、やはり説明されている通り細かく全ての道を表示するわけではないようです。




 以上でこの MOD のメインの導入は完了しましたが、せっかくなのでもう少し導入します。
 まず、地図に橋などの詳細なオブジェクトを追加するオプションファイルです。
qwm_add_objects
 メインファイルと同じようにインストールします。
 ファイル名はオプションファイルの名前に変更しました。
 こちらはバージョンが 8.4HRWM になっていますが、同じように 9.0.1 にしてしまいましょう。

 実際に起動してみるとこのような感じです。
Skyrim_map_objects
 遠目からだと分かりづらいですね。
 ズームにしてみると分かりますが、メインファイルを導入した段階ではなかった橋がしっかりかかっているのが確認できます(いくつかの橋は途切れていたりなかったりしますが)。
 ちなみにいうと、実は橋には MOD を導入した際に消えてしまったものがあるので戻しているかたちになっているものがありますね。

 このオプションファイルは esp を使用しておらずメッシュファイルだけなので皆さんも導入してみてもいいでしょう。


 次に、先程記事の途中で紹介した雲を完全に消すためのオプションの Add-On - Clear Map Skies を導入します。
qwm_add_clouds
 こちらもメインファイルと同様にインストールします。
 名前とバージョンも同様です。
 実際に起動してみるとこのような感じです。
Skyrim_map_clouds
 こちらは先程のアドオンと違いかなり変わりましたね。
 山などにかかっていた雲が消え、Skyrim 周囲の雲の色も白に変化しています。
 また、端の方は道の上に雲がかかっていないため道がしっかりと見えます。

 雲がかかっているほうが雰囲気もある気がしますが、こちらはこちらでミニチュアを見ているような感じがし地図としてはよりわかりやすいですね。
 作者からの指定もありますし、雲を消したい方はこちらのオプションを導入してみるといいかもしれません。


 以上で紹介を終わります。
 元の地図にストレスを感じた人はぜひ使ってみましょう。



 おまけ

 NEXUS の Description にも記載されていますが、Skyrim.ini を編集することで地図のカメラの動きなどを変更することができます。
 360度から地図を見ることができるようになるなど、かなりカスタマイズできるので必要な方は行いましょう。
 ただし、作者の推奨の値があり違う値を設定しているとアドオンを導入したのに橋が表示されないなどが起こりますので、ズームのスピードなど以外は作者の指示・推奨の値に合わせましょう。
 また、記事の前半にも書きましたが自分で INI を編集する場合はスクリプトは意味がなくなりますので削除してしまってもいいでしょう(私は削除しました)。

 Skyrim はそのままでも MOD を導入してプレイすることはできますが、CTD やフリーズなどを避けるためにクリーニングすることができます。

 バニラの状態では Skyrim は非常にダーティーなものとなっており、Skyrim.esm のデータをそのまま上書きしている ITM などが放置されています。
 これらが他の MOD と不具合を起こすなどの危険性があるため、Skyrim をクリーニングすることが推奨されています。

 現在クリーニング作業はほぼ自動化されたため、ITM などの知識がなくても実行自体は誰でも可能です。
 しかし、知識ないクリーニングは他の MOD をクリーニングしようとした時に不具合を起こす危険性があります。
 また、Skyrim 本体のクリーニング自体も CTD やフリーズなどを確実に防ぐというものではありません。
 このため、クリーニングを行う前に調べて知識をつけることを推奨します。

 (Skyrim の内部データなどの知識に関しては、くつみや 様のブログが大変参考になりますのでおすすめです。
 Skyrim箱庭DIY

 また、クリーニングは改造行為です。
 Skyrim をクリーニングしたことで何かあっても全て自己責任だということを肝に銘じておいてください。

 以上のことに同意できる人だけ、以下に記すクリーニングを実行してください。



 前回の記事で、TES5Edit の導入を行いました。
 その際、MO2 への登録も同時に行いましたが、今回はその続きからとなります。

 Skyrim のクリーニングには、TES5Edit 公式で推奨されている「クイックオートクリーニング方法」というものを使います。
 MO2 を使用している場合は引数を指定することで実行することができます。

 MO2 の実行プラグインの選択で<編集…>を選択します。
 TES5Edit を選び、引数の欄に「-quickautoclean」と記入します。
tes5edit_parameter_clean
 左下の変更をクリックし閉じます。
 これで MO2 からTES5Edit を起動すると、自動でプラグインをクリーニングしてくれます。

 MO2 から TES5Edit を起動します。
 MOD を選ぶ画面が表示されますので、Update.esm を選択します。

tes5edit_clean_selectupdate
 この時 Skyrim.esm に黒い四角がつきますが気にしなくて大丈夫です。
 一緒に読み込まれますがチェックをいれたプラグインのみクリーニングされます。
 また、この際必ずチェックを入れるプラグインは一つだけにしてください。
 二つ以上選択してクリーニングすると、正しくクリーニングされない場合があります。

 プラグインを選択し OK を押すと、読み込みが開始されそのまますぐに自動でクリーニングが行われます。

tes5edit_update_cleaned
 クリーニングが終わるとこの画面で終了すると思います。
 右のメッセージ欄の最後に、Background Loader:finished という記載があることを確認しましょう。

 ここでメッセージ欄を上にスクロールして中を見ていくと、Delete されたデータを地中に埋める処理と ITM データの削除をしている処理がしっかり行われているのが確認できます。
update_undelete_clean

 1290のデータの中から3つを地中に埋めています。
update_itm_clean
 94の ITM を削除しています。

 プラグインのクリーニングが完了したら、TES5Edit を閉じます。
 残りの DLC のプラグイン、Dawnguard.esm、HearthFires.esm、Dragonborn.esm も同様にクリーニングします。
tes5edit_dawnguard_cleaned

 Dawnguard.esm のクリーニング後
tes5edit_hearthfires_cleaned

 HearthFires.esm のクリーニング後
tes5edit_dragonborn_cleaned

 Dragonborn.esm のクリーニング後

 クリーニング作業はデータの削除を含みますのでそれぞれのファイルサイズが減少します。
 具体的な変化量は
 Update.esm 1484KB → 1315KB
 Dawnguard.esm 24470KB → 23454KB
 HearthFires.esm 3482KB → 3188KB
 Dragonborn.esm 62999KB → 62619KB
 となります。

 クイックオートクリーニング自体は終了しましたので、作業初めに MO2 で TES5Edit の引数欄に追加した「-quickautoclean」を削除しておいてください。

 この状態で LOOT を起動すると一部を除いて警告文がなくなっていることが分かります。
loot_esm_cleaned

 次にこの警告文に記載されているクリーニングについて説明します。



 ここで申し訳ないのですが、今からやるクリーニング行為に関しては現在も行うべきかどうかについて、私がはっきりと分かっておりません。

 従来のクリーニング作業では行っていたこと、現在推奨されているクイックオートクリーニング方法では自動的に行われないこと、TES5Edit の公式ドキュメントでは一部手動クリーニングが必要であることが記載されていること。

 以上のことから、必要な修正だと自己判断のもと私は行っています。
 皆さんが行うときも自己責任のもとに行っていただきますようお願いします。

 MO2 から TES5Edit を起動します。
 Dawnguard.esm のみを選択して OK をクリックします(Skyrim.esm と Update.esm に黒い四角がつくことは気にしなくて大丈夫です)。

 左側の Dawnguard.esm を右クリックし「Apply Filter for Cleaning」を選択します。
tes5edit_dawn_filter

 次に画像のようにプルダウンを開きます。
 Dawnguard.esm から Cell を開き、Block 5 を開いたら Sub-Block 3 を開きます。
 そして、一番上のセル「00016BCF」をクリックします。
tes5edit_cell_eczn
 一番下までスクロールすると赤くなっているデータ「XEZN」がありますので、一番右を右クリックし Remove を押して削除します。

 このデータは作成された日付が、Update.esm は 2013-02-13 なのに対し、Dawnguard.esm は 2012-05-29 と古く、Update.esm で修正されたはずのデータです。
 しかし、ロードオーダーのため Dawnguard.esm が優先されてしまい、修正が正しく動作しなくなってしまっています。
 そのため、このデータは削除する必要があるのです。
tes5edit_xezn_removed
 画像のようになっていれば成功です。

 残り二箇所のセルに同様の操作をします。

 Block 2 を開いたら Sub-Block 1 を開きます。
 今度は一番上の「0001FA4C」というワイルドエディットのテスト用 Cell の上で右クリックし Remove を押します。
tes5edit_0001fa4c_remove
 最後に、Block 8 を開き Sub-Block 1 を開きます。
 同様のワイルドエディットのテスト用 Cell の「0006C3B6」の上で右クリックし Remove を押します。
tes5edit_0006c3b6_remove

 以上で Skyrim 本体のクリーニングは終了です。
 ここまで行えば LOOT の警告文も全てなくなっているはずです。

 今回の作業と同様に、MOD に対してもクリーニングが必要なことがあります。
 Skyrim 本体のクリーニングと違い、使用する MOD は人によって違うので今回以上に慎重に行わなければなりません。
 正しく行えば CTD などは防げるようになりますので皆さんも一緒に頑張りましょう。

↑このページのトップヘ